GoPro HERO8 のバッテリーの持ち時間と長持ちさせる方法を紹介

GoPro HERO8が発表され、「HyperSmooth 2.0」「TimeWarp 2.0」等のの様々な機能が追加されました。

機能が増えたり、性能が上がったりするのは良いですが、バッテリーの持ち具合もどう変わったか気になりますよね。

今回は色んなシーンや機能を使ってのバッテリーの持ち時間と長持ちさせる方法を紹介していこうと思います。

GoPro HERO8 のバッテリーの持ち時間

定番の撮影モードで85分~90分(HERO7と同じ)

撮影モード GoPro HERO8
4K/60 45~50 分
4K/30 85~90 分
2.7K/60 60~65 分
2.7K/120 30~45 分
1440p120 50~55 分
1440p60 70~75 分
1080p240 35~50 分
1080p120 40~55 分
1080p60 85~90 分
960p240 75~80 分
960p120 80~85 分
720p240 85~90 分

定番の撮影モード 4K30、1080p60 では85~90分程度です。GoPro HERO8から新バッテリーとなりパワーは上がりましたが、バッテリーの持ち時間はHERO7と変わらない結果となりました。

GoPro HERO8 のバッテリーを長持ちさせる方法

GopProは機能が豊富なあまりバッテリーの消耗も大きいです。使わない機能はオフにしましょう。

  • GPS機能をオフにする
  • 音声コントロールを切る
  • 自動OFF機能を使う
  • スクリーンセイバーを使う
  • ディスプレイの明るさを抑える

GPS機能をオフにする

  1. 下方向にスワイプ
  2. ユーザー設定を開く
  3. 地域を開く
  4. GPS設定をオフで完了

音声コントロールを切る

  1. 下方向にスワイプ
  2. 出てきた画面の左2つのアイコンをタップしてオフ
  3. 灰色になっていれば完了

電源の自動オフ機能を使う

  1. 下方向にスワイプ
  2. ユーザー設定を開く
  3. 一般を開く
  4. 「電源の自動オフ」を設定して完了

おすすめのオフ時間は5分、15分です。

スクリーンセイバーを使う

  1. 下方向にスワイプ
  2. ユーザー設定を開く
  3. タッチディスプレイを開く
  4. スクリーンセイバーを1分に設定

撮影中でも画面がオフになりますが、撮影は中断されません。撮影しながらバッテリーの消耗を抑えることができます。

ディスプレイの明るさを抑える

  1. 下方向にスワイプ
  2. ユーザー設定を開く
  3. タッチディスプレイを開く
  4. 明るさの%を下げて完了

バッテリーの寿命を伸ばそう

GoProのバッテリーはリチウムイオン電池使われており、使い方と保存方法をしっかり行うことでバッテリーの寿命を延ばすことが出来ます。

保管する時の充電は30%~60%が良い

リチウムイオン電池は100%の状態と0%の状態で放置すると劣化してしまい寿命が短くなってしまいます。

GoProのバッテリーを放置状態にするときは、30~60%の範囲で保管をすることでバッテリーの劣化を遅くすることが出来ます。

高温での保管は駄目

リチウムイオン電池は高温に弱いという特徴があります。

なので、直射日光が当たる場所や、熱を発する物の上での保管はしてはいけません。

おすすめの純正バッテリー・充電器

HERO8 Blackの純正品バッテリー、バッテリー充電器を紹介

新:充電式バッテリー

HERO8 Blackから新しい機能が追加されたため、旧バッテリーではパワー不足になってしまいました。一部の機能が使えなくなりますが、普通の撮影なら旧バッテリーでも可能です。

見た目に水色が追加されてオシャレですよね。予備としてバッテリーは2,3個あったら便利です。

旧:充電式バッテリー

HERO8 Blackでは一部機能がパワー不足で使えない旧バッテリーです。しかし価格は下がってるので、主に普通の撮影に使う人はこちらの旧バッテリーもおすすめです。

デュアル バッテリー充電器 + 旧バッテリー

予備のバッテリーと、2台のGoProバッテリーを同時に充電できるバッテリー充電器のセットです。この充電器があれば、2個同時に充電できて便利です。わざわざGoProに本体にバッテリーを入れて充電する必要もありません。

このセットがあるだけで格段にバッテリー周りが楽になります。

スーパーチャージャー

GoProを最速で充電できる充電器です。米国、英国、EUなど世界中どこでも充電できるので海外旅行には必須です。

USB-Cポートを使うことで従来の充電器に比べて20~70%速く充電ができます。

バッテリーに関するQ&A・注意点

GoPro HERO8のバッテリー交換・外し方

HERO7からHERO8でバッテリーの位置が変わり、下からサイドに移動しました。

フックを外し、カバーが外れるので、そこからバッテリーを外すことができます。

GoPro HERO8の充電時間・充電方法

[充電時間]

PC(USB2.0)からの充電:約4時間
GoPro専用充電器:約2時間

[充電方法]

USBポートを使い、GoProに接続することでバッテリーを充電することができます。LEDが赤く点灯すると充電中となります。LEDが消えると充電が完了です。

ノートPCからの充電は周辺機器のUSBポートやハブなどを使わずにPC本体から直接充電することをおすすめします。

デスクトップパソコンは裏側のUSBポートを使うと良いでしょう。