会社に勤めながらの副業で人生が変わった話

会社勤め 副業

意外と多いのが手取り11万、12万台のお給料。

家賃、スマホ代、各種保険、ガソリン代、消耗品、交際費、これらを払うだけで貯金はまったくできませんよね。

少ないのは分かってるけど会社を辞めるのはなぁと思っている方も多いはず。

私自身がそうでした。

 

会社員時代の私もこの給料でなんとか食費を抑えたり、欲しいものを買わなかったりと、節約をがんばってましたが全く貯金はできませんでした。

それをある人(現在の師匠)に相談してみたところ・・・

「節約をがんばるよりも収入を増やすほうが圧倒的楽だし、貯金もできるぞ」

「3万節約するより3万収入を増やすのが効率が良い」

この言葉に当時の私は、確かに・・・としか言葉にでないくらい納得してしまいました。

そして師匠にいくつかの副業を提案してもらった結果

  • 働きながらできる
  • あいた時間を副業に繋げられる
  • 高収入が狙える
  • 初期投資はなくノーリスク

結果、ブログ・サイト運営をすることになったのです。

今では会社を辞めてブログ運営を本業としていますが、当時は会社に務めながら+10万の収入が入ってきて、貯金と何より気持ちに余裕が持つことができました。

やっぱお金の悩みは早めに解消するのが良いですよ。

この記事では、収入を増やす大切さと、私の仕事に対しての考え、稼ぎ方のコツをお届けします。

副業で大きく変われた

会社に務めながらも、ブログ・サイト運営(以下 ブログ)で10万の収入が安定して入ってきた頃には大きく生活が変わっていました。

そりゃそうですよね。手取り11万円時代から+10万円ってほぼ2倍ですからね。

贅沢はできませんが、欲しいものは我慢しなくても買うようになり、友人との食事も稼ぐ前に比べ値段を気にせず好きなものを食べるようになりました。

以前はラーメン屋で600円の定食と800円のギョーザ付き定食を+200円の差を悩んでいましたからね。

手取り10万付近の人ならこの気持ちが絶対に分かると思います(笑)

気持ち的に楽になったことをお伝えしたいです。

働くことの考え方が変わった

会社員時代はいくら仕事に時間を使っても全く収入が増える気配がありませんでした。

同僚たちと一緒に愚痴ってばかりいて何も行動してなかったからですね。

ブログ運営をしてからはその考えも変わり、また師匠から言葉をお借りしますが

「自分で努力して何かを生み出した結果が報酬へと繋がる」

まさにこのことにを実感できるようになりました。

私は会社で仕事をしていたのではなく、指示されたことを我慢して、こなしていただけに過ぎないのです。

これって視野が狭くなると全く気づかないんですよね。

反対に会社で成果を生み出す人は出世していきますし、収入も上がるでしょう。

じゃあ、同じように会社で頑張ればいいんじゃない?

と、思う方もいるかもしれませんが、残業、人付き合い、会社の仕事に対する考え。

これらを受け入れた人と争うって無理じゃないですか?無理じゃないにしろ、これから争っていく上でかなり不利だと思うんです。

この状態で頑張れば成果が上がったとしても、精神的負担も大きく自分にはやさしくないでしょう。

戦う土俵が違ったのです。

ブログ・サイト運営は楽しい

ブログ運営してからは少しずつ成果が上がり楽しくなってきました。

努力した分だけ報酬に影響するブログ運営が自分には合ってたのでしょう。

苦手だった人付き合いもほとんど必要ないですし、何より驚いたのがブログは自分が仕事をしていなくても自動で稼いでくれるってところに驚きました。

語弊がありますが、会社の社長になったようんなものですよ!社長が休んでもブログ(会社員)ががんばってくれてるみたいな。

ただそのブログを育てるのは自分自身ですし、努力は必要です。

 

努力するだけの価値はブログにはあります、少なくとも私は。

嫌いな人と合う必要もなく、通勤もありませんし、時間に縛られることもありません、収入も努力の分だけ伸びる、仕事をしながらでも始められる。

メリットだらけですよね、とてもいい時代に生まれたと思います。技術の進歩に感謝ですね。

 

手取りが低い人はまず行動してみることが大切です。行動するとしないのでは大きく人生が変わりますから。

「収入が少なくてどうしたらいいかわからない」

と過去の私と同じような相談をされたら間違いなく、仕事をしながらできるリスクが全くないブログ・サイト運営をおすすめします。

長くなりましたが以上で副業で大きく変われた私の語りを終わります。

お読み頂きありがとうございました。

このブログではブログでの始め方、稼ぎ方を書いた記事や、それ以外にも稼げる副業の記事を書いていますので、よろしければ一緒にご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コラム
marin