SeagateとWesternDigital どっちがおすすめか比較してみた

Seagate WesternDigital どっち 比較

HDD2大メーカーのSeagate(シーゲイト)とWestern Digital(ウェスタンデジタル 通称WDC)。今回はどちらががおすすめか故障率、コスパ、性能などを中心に比較してみます。

故障率が高いSeagate製

2017年故障率統計資料では4TB2つのモデルでは、それぞれ故障率が15%、29%と記録している。

以前より故障率が高かったSeagateだが、他のメーカーと比べるとまだまだ不安定なようです。

個人的には価格がいくら安くても、モデルによって性能のばらつきが多いSeagate製はおすすめできません。

コスパ・故障率を考えたらWestern Digital製

Seagateと価格帯が同じくらいのWestern Digitalですが、Seegateの故障率を考えたらWestern Digital製が絶対に良いでしょう。

価格設定もほとんど変わらない両社ですが、現在主流である4TB・6TBのHDDの性能を見てみると明らかに耐久性に違いがあります。

コスパ・耐久性を重視するのであればWestern Digital製で間違いないです。

最も故障率が低いのはHGST製

今回は2社の紹介でしたが、さらに耐久性を求めるならHGST製がおすすめです。

HGST社のHDDは故障率を重視して作らてており、全モデルが安定しています。ただし、高性能だけあってコストは他のメーカーと比較すると少し高めに設定されています。

耐久性でHDDを選びたい方はHGST製をおすすめします

まとめ

価格.comなどの紹介・レビューサイトではWestern Digital(WDC)、Seagateがランキング上位を占めていますが、どちらか選ぶとしたら、Western Digital製を選ぶのが無難でしょう。

価格もそこまで変わらないのに故障率の差は結構あります

いくら安くても大切なデータを保存できないのであればHDDとしての意味がありませんからね。

以上、SeagateとWesternDigitalの比較でした。

→amazonでWesternDigital製品を見てみる