【PRODUCE48】10話 コンセプト評価 後半|ステージ披露

2018年 8月17日に放映されたPRODUCE48 第10話の記録

→PRODUCE48 まとめwiki

概要

コンセプト評価ステージ公開!果たして13万票を持っていく1等のチームは?

[ENG sub] PRODUCE48 [NEXT WEEK] 콘셉트 평가 무대 공개! 과연 13만 표를 가져갈 1등 팀은? 180810 EP.9

2次順位発表式生き残った30人の練習生の4次評価であるコンセプトの評価が放映される。9回は練習過程だけで構成されて歴代級にルーズな回送になったが、コンセプトの評価の段階6個まとめて公開されている10回のクオリティに基づいて視聴率不振に苦しんでいるプデュ48の話題性の議論に積極的これ否定これ終止符が撮らこと予想される。

放送直後、次の週の予告編を公開したが、開票結果1位に宮脇咲良が配置された姿が含まれている。これにより、少なくとも宮脇咲良が再び会って、チーム内1委任を確認することができる。この他にも2位の代表色がオレンジ色、3位の代表色が青であることを介して宮脇咲良が君に届けチームの1位Rumorチームの1位を抜いたという事実まで推論することができる。ただし、前回の公開された投票方式を考えると、個人順位公開がベネフィット結果とつながることはできない。宮脇咲良が最終1ウィラ仮定しても、所属チームが1位をしていなかった場合ベネフィットはない

前一度このような順位採取があったので、多くの人がただ中間順位1位の画面に過ぎないだろうと思ったが、実際にサクラが最終1位だった。しかし、予告編で登場したサクラの1等の画面自体は釣り画面が正しい。サクラ左下2位のメンバーに見える色が赤のように見せて、まるでI AMチームのメンバーであるかのように見えるが、実際には矢吹奈子で君に届けチームを象徴するオレンジだった。Rollin ‘Rollin’チームの個々の得票が追加される直前の上位3人だったサクラ/奈子/クォンウンビ画面にモザイクをかぶせ混乱を与える釣り。

8月18日正午に各種音源サイトで音源が公開された。

4次評価 コンセプト評価

1000%

Contemporary Girls Pop 
1000%
ポジション SummerWish 得票数 チーム内順位
メインボーカル イチェヨン
L
18表 4位
サブボーカル 後藤萌咲 28表 3位
サブボーカル キムミンジュ
C
10表 5位
サブボーカル 宮崎美穂
42表 1位
サブボーカル 下尾みう 37表 2位
•リーダー:L /センター+キーリングパーツ:C /得票1位:
[ENG sub] PRODUCE48 [10회] ♬1000%ㅣ′청량 그 자체′ Summer Wish @콘셉트 평가 180817 EP.10

リハーサルの時いろいろ不安な姿を見せてくれた。特にリーダーを務めたイチェヨンがトレーナーの励ましに涙を流すなど、かなりメンタル的に厳しい状況に置かれていたことが示唆される。練習の過程では、シタオ美雨が韓国語の発音に古典し、後藤萌咲はまだテンポが速い姿を見せた。以前から1000%所属だった宮崎美穂を除く新たな人員は、すべてのことを最初からしなければならない状況で、他のチームメンバーは、まず歌から理解するのに対し、リーダーを務めたイチェヨンは、まず振り付けを習得して他のチームメンバーの助けになるとする。いろいろ負担になるしかない状況だったので、キムミンジュもイチェヨンを何とか助けたいと述べた。

チーム順位は5位(138票)

君に届くように

New Jack Swing 
君に届け
ポジション 記憶操作団 得票数 チーム内順位
メインボーカル ナゴウン 27表 4位
サブボーカル キムチェウォン
C
63表 2位
サブボーカル 矢吹奈子
76表 1位
サブボーカル チャンギュリ
L
16表 5位
サブボーカル チョユリ 59表 3位

•リーダー:L /センター+キーリングパーツ:C /得票1位:

[ENG sub] PRODUCE48 [10회] ♬너에게 닿기를ㅣ′국.프님의 첫사랑이 되고파′ 기억 조작단 @콘셉트 평가 180817 EP.10

紆余曲折の末、高音パートはチョユリが引き受けることになった。ただしメインボーカル職はそのままナゴウンが維持し、最初のハイライトもそのまま呼び出しますが、2次より高く上がるアドリブパートがチョユリに分配されるようにパート部分の調整をした。過去化に唯一放送されていない中間評価のプロセスが透けたが、チームのメンバーの中でダンス能力者がいない振付師が望んでいただけに振り付けを消化できなくて困難を経験した。

チーム順位は2位(総242票)

I AM

Hip-hop / R&B Pop 
I AM
ポジション 夜明けた時 得票数 チーム内順位
メインボーカル ホユンジン 9表 5位
サブボーカル アンユジン
C
22表 2位
サブボーカル チェイェナ
26表 1位
ラッパー イカウン
L
17表 3位
ラッパー 高橋朱里 15表 4位
•リーダー:L /センター+キーリングパーツ:C /得票1位:
[ENg sub] PRODUCE48 [10회] ♬I AMㅣ′하루의 끝에 위로를′ 새벽한시 @콘셉트 평가 180817 EP.10

センターであったイカウンが音源の録音時にも特にセクシーさが引き立つという指摘を受けた。結局作曲家チームは、歌がセクシーではなく、キュートな方だと念を押して、イカウンも直接センターを変えようという提案をしてセンターがアンユジンに変わった。チェイェナは相変わらず明るい姿が放送中の非打った、自分ではダンスやボーカルなどの実力的にもアピールをしたいという意志を表現した。また、ホユンジンがボーカルだけでなく、舞台での表現力もかなりよくなってトレーナーチームの賞賛を受けた。

多くのネチズンたちが「製作陣が曲のコンセプトと合わない舞台設計をし衣装もまた似合わず準備をさせたではないか」という意見を残している。実際に曲の内容からは堂々として若々しい印象に加え、放送上でボーカルディレクティングも一貫してキュートイメージを強調した。トレーナーの評価でイカウンが酷評を殴られアンユジンにセンターを変えた理由も同じだ。沸騰いざステージはバーを連想させる紫色のトーンに、衣装さえシースルー、ハーネス、靴など全般にセクシー画像のみ攻めされている。歌詞から心地よいTシャツとフラットシューズを言っているが正反対のコーディネートをして出てきたものである。

そのほかにもコンテストとは別に外的視線であまり好意的な反応を得られなかったということも、このチームとしては悪材料だった。まだ特定の所属事務所後押し疑いを完全に解消していない状況で、「また、このメンバーが一つになった」という誤解を受けることができるメンバー構成だった、7話を基準に大衆の冷たい視線が降り注ぐホユンジンの窮状まで重なっ受けることができる表も受けられない状況になったこと。

チーム順位は6位(89票)で最下位を記録した。

Rollin ‘Rollin’

Tropical Pop Dance 
Rollin ‘Rollin’
ポジション ラブポーション 得票数 チーム内順位
メインボーカル キム・ナヨン
L
36表 5位
サブボーカル 白間美瑠
79表 1位
サブボーカル チャンウォニョン
C
53表 2位
サブボーカル 本田仁美 50表 3位
ラッパー キムドア 46表 4位

•リーダー:L /センター+キーリングパーツ:C /得票1位:

[ENG sub] PRODUCE48 [단독/10회] ♬Rollin'Rollin'ㅣ'두근 국.프 하트' 러브포션 @콘셉트 평가 180817 EP.10

他のメンバーが自分のパートを無難に消化して行った中で、センターのチャンウォニョンがリフレインのキーリングパーツを真性と呼ぶことにくくする姿が映し出された。ディレクターが必ず真性でくれシンシンダンブた状況だとチャンウォニョンがこれを克服していなければ、ややもするセンターを変えなければならたこともあった状況。これライバルだったひとみに可能かという質問が与えられるが、ここで欲張らずに無理という言葉拒絶する。その後勧誘されたキム・ナヨンは、そのパーツを軽く成功し交換するように見えたが、チャンウォニョン自ら作曲家のアドバイスに支えられ果敢に音をあげながら真性で消化することに成功したことディレクティングパーツは終了。

事実、このチームは、諸条件をとてもよく会った。キム・ナヨンを除けば同様のチーム内にボーカルが強いメンバーがなかったが、曲自体がボーカルの重みを必要とする方ではない。また、コンテストの順序が3などであるが、舞台セッティング直前に脱落練習生たちが雰囲気を浮かべてくれたおかげで、観客の興がある程度上がっていた状況。このような雰囲気に合ったさわやかなスタイルの舞台は、すぐに現場の熱気にアピールするのに適している。事実舞台なく音源だけアピールするのは容易ではない歌だったが、ちょうど良いタイミングで適切なコンテスト舞台を通じて戦略的な勝利を収めたことができる。

ベユンジョンの目の肥えたにもあきれるように的中した。全体的な振り付けの面で胸部を回すポイント振り付け動作をよりパワフルに整え視線をつけたし、地味にも同じ動作を見せてくれた振り付けを各自の個性が引き立つ自分勝手のダンスに変え、現場の爆笑を誘導した。今後もこのチームの舞台が起動したときベユンジョンは「面白ければなる」という言葉コンテスト現場での重要なポイントを指摘した。ダンス曲は楽しいがザングテングと言われ前ソミの発言が思い出すの部分。

チーム順位は1位(合計266票)

Rumor

Moombahton / Trap 
Rumor
ポジション 国・シュー(グクプのホットイシュー) 得票数 チーム内順位
メインボーカル クォンウンビ
L
65表 1位
サブボーカル 村瀬紗英 56表 2位
サブボーカル イシアン 44表 3位
ラッパー キムシヒョン
C
35表 5位
ラッパー ハンチョウォン 41表 4位
•リーダー:L /センター+キーリングパーツ:C /得票1位:
[ENG sub] PRODUCE48 [10회] ♬Rumorㅣ′작곡가 대만족′ 국.슈(국프의 핫이슈) @콘셉트 평가 180817 EP.10

練習の過程で最初のセンターとなったキムシヒョンがセンターとして、複数の困難を経験する部分が中心に取り上げられた。最初は目立たないという指摘を受け、これに本人が考えている「セン」の表情を練習したが、リハーサルの時もやはり足りなかった。トレーナーは曲のイメージにキムシヒョン本人が適切に似合うために、無理に強い印象を作るよりだるい盛り上がる方がましだと助言する。チェヨンジュンのトレーナーはセンターとして注目得ることができるワーキング試験を見せたが、専門の振付師らしく級が他の妖艶さを見せてくれて、爆発的なリアクションを引き出した。このコーチングの後表情演技、舞台掌握力の部分で大きな発展を見せた。イシアンも曲をよく会って、以前のステージに比べてはるかによく似合うという評価を受けた。

視聴者の反応が最も爆発的な曲だ。18年8月18日現在、ネイバーTV視聴1位に上がった。

チーム順位は3位(全241票)

また会おう

Pop Dance 
再会
ポジション 約束 得票数 チーム内順位
メインボーカル パクヘユン
L
55表 2位
サブボーカル カンヘウォン 23表 4位
サブボーカル 宮脇咲良
99表 1位
サブボーカル 王この
C
16表 5位
サブボーカル 竹内美宥 35表 3位
•リーダー:L /センター+キーリングパーツ:C /得票1位:
[ENG sub] PRODUCE48 [단독/10회] ♬다시 만나ㅣ′대휘 선배님의 선물′ 약속 @콘셉트 평가 180817 EP.10

録音後にディレクティングを担当したイデフィの提案に基づいてセンターを再悩むことになる。しかし、チームは、王、このようなをそのままセンターに維持することを決定する。宮脇咲良としてはセンターを狙う機会はあったが、1次コンテスト当時経験した経験をもとにそのまま維持して努力してみようでは道を選んながら議論の余地を遮断してしまう。ただし、その結果ラップパートを務めることになって録音するとき、かなり苦戦することになる。メインボーカルパクヘユンは後半の高音アドリブに多少の負担を感じて危機を迎えるが、意志を固めて猛練習に入る。

コンテストの最後の順序でもあり、曲の雰囲気上、シーズン1のようなところでは意識して演出したようだが、当時の再演いうメンバーの平均技量がとても足りなかった。王この9話ではなく、少し良くなったが、後補正を勘案しても発音が飛んだ、サクラとカンヘウォンのパーツは没入を妨害するほどのトーンがない似合うか前カレンダーが不足した。さらに、ラップではなく曲の後半を低調させる風にそれほどパクヘユンに負担が載る結果をもたらした。美乳がそれさえもボーカル分量負担を分けて消化したが、この方はまた、ダンスで終始メンバーより反論遅い動きで全体像を垂らすようにした。舞台を文字通り胸ぐらつかみ上げたパクヘユンさえ最後の高音を真性ではなく、バンガソンで処理し、きれいですが期待した爆発力を発揮できなかった。

君に届け側から放出されたサクラを迎え入れすること得票で多大な利点をボギンたが、パクヘユンを除いた残りの人員の得票が支えてくれないのに、合計順位は下位にランクされた。もしノダトチームがサクラではなく、他の人物を放出した場合、1000%のチームに押された可能性も提起される。

チーム順位は4位(222票)

コンセプト評価ランキング

コンセプト評価終了後、現場投票最多得票者TOP12
1位 2位 3位 4位 5位 6位
宮脇咲良
99票
白間美瑠
79票
矢吹奈子
76票
クォンウンビ
65票
キムチェウォン
63表
チョユリ
59表
7位 8位 9位 10位 11位 12位
村瀬紗英に
56票
パクヘユン
55表
チャンウォニョン
53表
本田仁美
50票
キムドア
46表
イシアン
44票

 

コンセプト評価終了後、現場投票最多得票者13〜30
13位 14位 15位 16位 17位
宮崎美穂
42票
ハンチョウォン
41票
下尾みう
37票
キム・ナヨン
36表
キムシヒョン
35表
竹内美宥
35票
19位 20位 21位 22位 23位 24位
後藤萌咲
28票
ナゴウン
27表
チェイェナ
26表
カンヘウォン
23表
アンユジン
22表
イチェヨン
18表
25位 26位 27位 28位 30位
イカウン
17表
チャンギュリ
16票
高橋朱里
15票
王この
10票
キムミンジュ
10表
ホユンジン
9表

放送終了後のランキング

投票時間を6時間40分残して累積投票数が約600万票ほどになるが、以前の投票数よりも1/6になったので 1,2次順位の基準総3600万累積投票数のような状況だと見ればされるが、実質的な投票数は1次14,718,724票、2次27,553,709票、国民プロデューサーがより積極的に参加していると見ることができる。
私ピック生かさなければなら

デビュー巻終わりの12位と放出カットラインの20位との間の投票数の差が3万票に過ぎず、中位の競争がとても激しいことがわかる。
また、20位投票数値が公開され、9回目の中間ランクと関連付け出してみると、宮脇咲良、そして宮崎美穂が自動的に3次順位発表式生存が確定されたことがわかる。

26〜30位は、直前のランキングとの票数の差が非常に激しいことがわかるように、明らかに放出が確定された5人の練習生はある程度メンバーの輪郭を知ることができるほどの幅が決まっている状況である。
また、21等練習生がロルリンで出てくるも 6時間残った状況で20等をすることは容易ではないようだ。つまり放出巻練習生の場合、ベネフィットは意味を置くのは難しい。

メンバーのぴったりした人、本田仁美が13位ということだけ公開された。いつも安定だったひとみが1週間に4階段や下落を見れば9話のランキング公開以来、上位メンバーの変動がかなりひどかったと思われる。

ランク 得票 票差
1位 350,663
2位 330,983 19,680
3位 295,461 35,522
4位 292,507 2,954
5位 289,721 2,726
6位 287,069 2,712
7位 249,123 37,946
8位 248,833 290
9位 243,045 5,788
10位 230,525 12,520
11位 227,230 3,295
12位 223,673 3,557
13位 214,458 9,215
14位 208,615 5,843
15位 205,565 3,050
16位 197,425 8,140
17位 197,000 425
18位 196,247 753
19位 195,687 560
20位 189,988 5,699
21位 159,057 30,931
22位 157,192 1,865
23位 142,165 15,027
24位 136,747 5,418
25位 121,304 15,443
26位 88,604 32,700
27位 88,503 101
28位 85,106 3397
29位 74,810 10,296
30位 68,072 6738

前シーズンの前例(シーズン1 22人、シーズン2 20人)を考慮してみると、3次順位発表式カットラインは、約20〜25位程度以内で定めるもの見えるが、ランク間の格差が大きい20位21位の票差をレポート20位までの生存カットラインに定めたものと見られる。

ほとんどが韓国人であると予想される21位から30位までの投票数が約110万(6分の1)程度であるが、これらの放出ピークが中間下車をせずにそのまま最後まで他の韓国の練習生たちに投票を運転与えることができており、最終的な順位にまた巨大な順位変動があると予想される。

余談

「また会った少女たち」It’sダンスTIME!

[ENG sub] PRODUCE48 [단독/10회] ′다시 만난 소녀들′ It′s 댄스 TIME! 180817 EP.10
  • 放送中の舞台の準備時間に脱落した練習生のコユジン、キムスユン、キムソヒ、中西智代梨、千葉エリイ、佐藤美波、ソンウンチェ練習生が舞台の下で、自分たちの競演曲と鉱山の音楽に合わせてファンサービスを披露した。
  • 「現場の評価は国内参加者に無情だ」という流れが概ね続いた。チーム内で1位を占めた6人のうち4人が日本人なのに、10話の時点で生存したこれらの割合で計算すれば、40%に達している。20人が生存した国内の参加者はわずか10%だけが該当する。ただしこれには反論も存在するが、2次ポジション評価時逆8チーム中、唯一の3チームだけ日本人が1等をしており、コアが最も硬くと評価された宮脇咲良や矢吹奈子も2次ポジションの評価では、2等はおろか3などとどまった前歴がある。現場の評価が無条件に韓国人に不利であるとするのは我田引水格解析という意見もある。
  • 最終デビュー評価のカットラインが20位確定した。
  • 放出練習生の投票結果

    コユジン:再会
    キムソヒ:君に届け
    キムスユン:Rumor
    ソンウンチェ:再会
    中西智代梨:Rollin ‘Rollin’ – 白間美瑠
    佐藤美波:再会 – カンヘウォン
    千葉エリイ:Rumor – ハンチョウォン

  • 予告編で先行公開されたところでは製作陣に願いを祈るチケット(?)ビスムレたことを抜いて練習生全員がコンセプト曲でエムカウントダウンで公演することになった。放送は2018年8月23日。
  • 今回のコンセプトの評価で1位を占めたシロマ先送りベネフィット50,000票を獲得することになり、キム・ナヨン、キムドア、本田仁美、チャンウォニョンは20,000票が均等に分配された。果たして今回の累積投票数公開でベネフィットが反映され、結果なのかは知ることができない。確かなことは、今回ののベネフィットがシーズン1の時の24,000余票ならまだしも、50,000の表に該当するベネフィットは、一度シーズン1よりも単純算術的な数値だけで、すでに2倍であり、また、投票数が、現在までにとても均等分布された傾向があっ白間美瑠は50,000票のベネフィットがすばらしいアドバンテージになるということは、紛れもない事実である。現在カットラインが190,000票である。また、デビュー権が230,000の表に少し及ばない程度なので、なおさら大きく感じられる。ある程度安定圏に入った順位である時マミールーがなくても、他の20位のメンバーである場合、状況に応じて放出は免れているほどだから。
  • 放送2日後に公開されジクケムで10代の女性視聴者たちが前より急激に増加して、いわゆる供給ピックの登場で、再び大混戦が予想される。既存の火力を出した30〜50代の間の男性視聴者のアジェピックは様々な理由でオフライン文字投票営業が困難な一方、供給ピークは、学校で遠慮なく話をしながら存分に運転サイクル文字投票が可能だからだ。実際、これまで10代がプロデュースシリーズで大きな火力を出しただけ終盤最大変数として浮上することができる。

 

←9話 11話→