Windows10をUSBメモリからインストールする方法

Windows10のUSBメモリでのインストール方法から設定を解説していきます。

インストールするための準備

Windows10のパッケージ版を購入した方はインストール用USBメモリが付いてきますが、持っていない方はインストール用USBメモリを作りましょう。

Windows 10のインストール用USBメモリ (無料)の作り方

Windows 10 インストール用USBメモリの作り方
Windows(OS)は無料でパソコンに入れる(インストール)ことができます。 Windows 10をインストールする為のUSBメモリの作り方を解説していきますが マイクロソフトの公式サイトからダウンロードしてUSBにいれる必要

Windows 10をインストールする

インストール用USBメモリを、パソコンのUSBポートに接続します。

キーボードとマウスも接続しておきましょう。

パソコンを起動するとWindows10のセットアップ画面が表示されました。

Windows Boot Manager という黒い画面が開いた場合は、「Windows Setup (64bit)」を選択します

「次へ」を選んで「今すぐインストール」 を押します

Windows のライセンス認証が求められます。

ここでライセンス(プロダクトキー)を持っている方は入力します。

→Yahoo!ショッピングでライセンスを購入(メール便)

持っていない方は「プロダクトキーがありません」を選びます。

(ライセンス認証は後からでもできます)

「プロダクトキーがありません」を選んだ場合、以下のような画面が出てきます

ライセンスを認証する予定のシステムを選び「次へ」を押します

WindowsにはPro版やHome版がありますが、一般的に使う分には大きな違いはありません。詳しくは検索をかけると出てきます。

進めていくとインストールの種類を選ぶ画面が出てきます

初めてインストールする場合は「カスタム」を選択します。

インストールする場所を選ぶ画面が出てきます。

接続しているストレージが出てきますが、Windows10はSSDに入れるようにしましょう。

「次へ」を押すとインストールが始まります。

しばらく待つとWindows10がインストールされて、Windows10の設定が始まります。

Windows10の設定

Windows10のインストール後、設定が始まります

  1. 地域を選んで「はい」を押す
  2. そのまま進むとネットワーク接続が出てきます。接続していない場合は下にある「インターネットに接続していません」を押す

ここからは自分好みに進みます。

↓私の場合

  1. 「制限された設定で続行する」を
  2. ユーザー名を入力(ご自由に)
  3. パスワード入力がいらない場合は何も入力せず「次へ」
  4. アクティビティやデジタルアシスタントは「いいえ」
  5. プライバシーなどは全ていいえ
  6. Windows10の設定が始まるのでしばらく待ちます

※必要な場合は全てあとから設定可能です。

完了するとデスクトップ画面が出てきました

これでWindows10のインストールは完了です。

お疲れ様でした。