Windows 10 インストール用USBメモリの作り方

Windows10(OS)は無料でPCに入れる(インストール)ことができます。

PCにWindows10を入れるためには「Windows10インストール用USBメモリ」を作る必要があります。

Windows10インストール用USBメモリの作り方を解説していきますが、PCを使ってマイクロソフト公式サイトにアクセスする必要があるため、PCがネットに接続されている環境で行ってください。

作るときに使うPCは、ネットに繋がっている環境のPCがあれば簡単に作ることができます。ネットカフェなどでも可。

もし周りにPCがない環境の場合はパッケージ版を購入することでWindows10インストール用USBメモリが付いてきます(高いですが)

USBメモリの準備

まず、8GB以上のUSBメモリを用意します

次にUSBメモリのフォーマット(初期化)とファイル形式の変更をします。

  1. パソコンのUSBポートに接続します。
  2. 適当なフォルダを開きます
  3. 左のサイドバーの「PC」をクリック
  4. 接続したUSBのアイコンが出ているので右クリック
  5. フォーマットをクリック

※間違って別のドライブを選ばないように注意!

以下の画面が出てくるので、ファイルシステム「NTFS」を選択、ボリュームラベルは適当でOK、クイックフォーマットにチェック、「開始」をクリックするとフォーマット(初期化)が始まります

「フォーマットが完了しました」と出たら「OK」を押して完了です。

Windows10のインストールツールをUSBに入れる

上記の「NTFS」でフォーマットしたUSBメモリができたら、次にWindows10のインストールツールをUSBに入れていきます。

マイクロソフト公式のWindows 10 ダウンロードサイトを開き、「ツールを今すぐダウンロード」をクリックします。

DLサイト: https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

ツールを今すぐダウンロード」を押すと、「実行」や「保存」が出てくるので「実行」をします。

  1. 「実行」または、保存した「MediaCreationTool」を開きます
  2. 規約に「同意」して進めていきます
  3. 別のPCのインストールメディア…」を選択して進めていく
  4. 使用するメディアを「USBフラッシュドライブ」を選択して進めていく
  5. USBへのインストールが開始されるので完了まで待ちましょう。
  6. 「USBフラッシュドライブの準備ができました」と表示されれば完了を押して閉じます

これでWindows 10のインストール用USBメモリーが作成できました!

お疲れ様でした。

Windowsをインストール後、プロダクトキーを使ってライセンス認証しないとゲームやWindowsのアップデートができなくなるので、プロダクトキーは購入しておきましょう。→Yahoo!ショッピングで見る(メール便)

Windows10のインストール方法はこちら

Windows10をUSBメモリからインストールする方法
Windows10のUSBメモリでのインストール方法から設定を解説していきます。 インストールするための準備 Windows10のパッケージ版を購入した方はインストール用USBメモリが付いてきますが、持っていない方はインストール